タイ食材 タイ王国7000万人の胃袋を満たす市場へ行ってみた。

フードビジネス

こんにちはSBMです。

個人飲食店から外食チェーン店のメニュー開発、仕入・購買・調達、集客に関わる皆様向けに役立つ業務用食材情報を発信しています。

スポンサーリンク

この記事で分かること

    • タイ食材を探しに行ってきた。
    • タイ食材の宝庫は市場にあり。
    • タイ食材は種類が豊富。
    • タイ食材の生食は注意。

 

タイ食材を探しに行ってきた。
バンコクから車で20分のオートーコー市場へ向かいました。
この日も1番には多くの車が止まっていました。
タイで走っている車の7割は日本車ってくらい多い。日本の大手車メーカーの生産拠点が沢山あるからかもしれません。
オートーコー市場の入口
お店の前にタイ食材が、山積みに並べてられていました。
タイ産 ”ナンドクマイマンゴー” 6〜8玉 約2kg前後 航空便 ゴールデンマンゴー【予約 3月中旬以降】 送料無料

タイのフルーツと言えばマンゴー。

 

 

 

 

 

 

昆虫は路面店で売っていました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシュガパオは黒く変色しやすいので国内流通は極めて少ないです。冷凍ガパオを輸入して使用している飲食店が多いようです。

 

 

チャオコー社は生産量、品質共にタイNo.1のココナッツミルクのメーカーです。
日本でメジャーなカレーペーストのメーカーはメープロイ社です。ココナッツミルクで有名なチャオコー者と同じグループ企業です。


個人的に一押しはニタヤ社のペーストです。石臼の非加熱製法で、熱を加えずに生産されてますので、フレッシュな唐辛子そのままの旨味や辛味を感じる事ができます。一度お試しあれ。

タイ食材を探しに行く前にタイ食材を一通り網羅している「タイ食材図鑑」がオススメです。
まとめ
      • タイ食材を見るなら種類が豊富な市場へ行こう!
      • タイ食材の事前知識を入れて市場へ行こう!
      • 市場の屋台でタイ食材を満喫しよう。

コメント