【2018】ドメーヌ・ロン・デパキ シャブリ・グラン・クリュ レ・ブランショ

ワイン
掲載日2022年6月
メーカー都合により商品終売、記載情報・パッケージデザイン等、仕様変更がございますのでご了承ください。
商品名ドメーヌ・ロン・デパキ シャブリ・グラン・クリュ レ・ブランショ 2018
商品名(英文)Domaine Long-Depaquit Chablis Grand Cru “Les Blanchots”

カテゴリーワイン/フランス
ブランドアルベール・ビショー
ワイナリーアルベール・ビショー/ドメーヌ・ロン・デパキ
ヴィンテージ2018
容器びん
バラ容量750ml
1箱バラ入数(本)6本
原産国フランス
発売日2021/04/03
希望小売価格(バラ)オープン価格
参考小売価格(消費税別10,520円
色/味わい白/辛口
商品情報『レ・ブランショ』は、シャブリ・グラン・クリュにおいて最も東に位置し、南東向きの斜面を持つ畑です。朝の太陽光に恵まれたエリアで、白い花(ユリやバラ)の花束を思わせるフローラルな香りと、驚くほどにエレガントな個性が感じられるワインに仕上がります。ふくよかで調和のとれた味わいで、フィニッシュは豊かなミネラル感とともに、ほのかに火打石のようなスモーキーな香りや潮風の香りが感じられます。
コード
JANコード4973480670277
社内コード424118
ITF04973480017775
包装コード
86883

ワイン詳細
ワイナリー情報ドメーヌ・ロン・デパキは1791年に設立されたシャブリきっての名門ワイナリー。1972年よりアルベール・ビショー社の傘下となりました。グラン・クリュ(特級畑)全体の約1割に当たる10haの畑を所有し、中でも『ムトンヌ』のワインは高い評価を得ています。
地方ブルゴーニュ
地区シャブリ
原産地呼称A.O.C. シャブリ・グラン・クリュ
テイスティングコメント緑がかった輝きを持つ、美しいゴールデンイエローの色合い。白い花(ユリやバラ)の花束を思わせる香りを持つ、驚くほどにエレガントな印象のワイン。口中はふくよかで非常に調和のとれた味わい。フィニッシュは豊かなミネラル感とともに、ほのかに火打石のようなスモーキーな香りや潮風の香りが感じられる。
料理との相性ソースを使った鶏肉や子牛料理、トリュフやマッシュルームを使った料理、チーズなど/供出温度:11~13度
受賞区分なし
ワインカテゴリースティルワイン
土壌・畑情報キンメリジャンを含む粘土石灰質土壌に、青みがかった粘土も見られる
収穫方法手摘み
醸造方法75%ステンレスタンク、25%オーク樽(3~5年目の樽)にて発酵
熟成方法15%オーク樽にて10カ月間熟成後、ステンレスタンクにて6カ月間シュール・リー
コルク(天然・圧搾など)
品種名使用比率
使用ブドウ品種シャルドネ100%

 

画像

 

公式オンラインショップサイト

https://drinx.kirin.co.jp/wine/

メルシャンはキリングループなのでキリン直販サイトより購入ができます。

公式オンラインショップサイトQRコード

 

WINERY INFORMATION“Les Clos” is in terms of surface area the biggest of the Chablis Grand Cru vineyards. It has a south-east exposure (setting sun). We are privileged to own two vineyards here, with a total of almost 4 acres, which allows us to blend grapes with two very different yet complementary profiles.
The first vineyard is located at mid-slope and benefits from slightly higher temperatures than the second, which is located at the top of the slope, protected from the north winds by the nearby forest. The two plots once again reveal that Burgundy is the kingdom of “terroirs”. The first plot at mid-slope generally provides deeper, richer, fleshier wines whereas the second plot produces wines with greater acidity and tension. It is the blending of the two that lends our “Les Clos” all of its complexity.
TASTINGThe differences between our two plots can be detected throughout the tasting experience. The nose skilfully combines floral notes from the higher of the two plots with almond and hazelnut notes from the mid-slope vineyard. The palate is full-bodied and structured with pleasing acidity that is not overpowering.
FOOD/WINE PAIRINGThe well-balanced fullness of “Les Clos” is such that it may be enjoyed with a wide range of dishes. Classically, it can accompany seafood or fine white meats. Its characteristics are an equally good match for slightly spicy dishes.
SERVING AND KEEPINGServe between 11 and 13°C (52°F – 55°F).
This wine may be laid down for approximately 15 years.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました