#フレンチ

スポンサーリンク
ワイン

【2018】ドメーヌ・ロン・デパキ・シャブリ・グラン・クリュレ・ヴォーデジール

シャブリ・グラン・クリュの中央に位置する『レ・ヴォーデジール』。ドメーヌ・ロン・デパキは日当たりの良い南向き斜面の区画で、樹齢40年以上のブドウを栽培しています。ここから生み出されるのは、柑橘の香り、ユリ、カモミールを思わせる繊細な花の香りを持つワイン。程よい酸が心地よく、シャブリ・グラン・クリュらしい豊かなミネラル感が楽しめます。
ワイン

【2017】 シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー (国産ワイン)

華やかな香りが時間とともに広がり、繊細な味わいの中に厚みと力強さを感じさせるワインです。塩尻市桔梗ヶ原地区では1976年にメルローの植栽を始めました。1985年ヴィンテージから『桔梗ヶ原メルロー』を生産しており、以来日本最高の赤ワインの一つとして国内外から高い評価を受けています。
ワイン

【2017】シャトー・メルシャン 城の平 オルトゥス(国産ワイン)

『城の平ヴィンヤード』は勝沼地区に所有する自社畑で、1984年に日本で最高のカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培するために、土壌改良を施して垣根式栽培を開始しました。『城の平ヴィンヤード』のポテンシャルを最大限引き出すために、収穫されたカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー等をバランスよくブレンドしています。『オルトゥス』とはラテン語で「起源」を意味し、『城の平』がメルシャンのブドウ栽培の源流であることに由来しています。
ワイン

【2015】シャトー・メルシャン 城の平 オルトゥス (国産ワイン)

『城の平ヴィンヤード』は勝沼地区に所有する自社畑で、1984年に日本で最高のカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培するために、土壌改良を施して垣根式栽培を開始しました。『城の平ヴィンヤード』のポテンシャルを最大限引き出すために、収穫されたカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー等をバランスよくブレンドしています。『オルトゥス』とはラテン語で「起源」を意味し、『城の平』がメルシャンのブドウ栽培の源流であることに由来しています。
ワイン

【2014】 シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー

桔梗ヶ原地区では1976年からメルローの植栽を始めました。『桔梗ヶ原メルロー』は1985年産の初ヴィンテージの誕生以来、日本最高の赤ワインの一つとして国内外から高い評価を受けています。その桔梗ヶ原地区のメルローの中から特別な区画を選定した上に、樽セレクションにより厳選された『桔梗ヶ原メルロー』です。『シグナチャー』とは「特別なワインに醸造責任者が署名を入れる」ことを表しています。
ワイン

【2017】 シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー

桔梗ヶ原地区では1976年からメルローの植栽を始めました。『桔梗ヶ原メルロー』は1985年産の初ヴィンテージの誕生以来、日本最高の赤ワインの一つとして国内外から高い評価を受けています。その桔梗ヶ原地区のメルローの中から特別な区画を選定した上に、樽セレクションにより厳選された『桔梗ヶ原メルロー』です。『シグナチャー』とは「特別なワインに醸造責任者が署名を入れる」ことを表しています。
ワイン

【2013】シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー ポン・デ・ザール

長野県塩尻市桔梗ヶ原地区の厳しい栽培管理のブドウから誕生した特別な『桔梗ヶ原メルローシグナチャー』です。2013年は樽セレクション及びアサンブラージュにおいて、フランスの偉大な醸造家故ポール・ポンタリエ氏とシャトー・メルシャン醸造チームのコラボレーションで実現した秀逸なワインとなりました。PontdesArtsとはチボー・ポンタリエ氏(ポール・ポンタリエ氏のご子息)と、アーサー・ド・ヴィルパン氏(フランス元首相ドミニク・ド・ヴィルパン氏のご子息)によるワインとアートの架け橋をコンセプトに立ちあがったプロジェクトで、本ワインはこのプロジェクトのアートラベルでお届けします。
ワイン

【2015】 シャトー・メルシャン 椀子 オムニス

メルシャンは日本最高品質のワイン造りを目指すべく、長野県上田市丸子地区の陣場台地にて2003年より自社管理畑『椀子(マリコ)ヴィンヤード』を展開。このワインは、赤ワイン用品種をブレンドして、椀子ヴィンヤードの当該ヴィンテージのテロワールを表現しています。『オムニス』とはラテン語で「全て」を意味し、『椀子ヴィンヤード』の赤ワインのポテンシャルを最大限表現することをワインの名称にしています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました